稼げるAVモデルプロダクションが多数!AV女優の求人サイト『オトナのお仕事』

モデル専門求人サイト オトナのお仕事 タレントモデル高収入系からお手軽なアルバイトまで

第九回 女性AVライター遠藤遊佐さん

第九回 女性AVライター遠藤遊佐さん – 1

otona9

どうもどうも~。すっかり寒くなりましたけど、風邪なんかひいてないですか?
乙奈、葬儀屋さんのお友達がいるんだけど、その人に「忙しいシーズンってあるの?」って聞いたら「季節の変わり目」って言ってたから気をつけてね☆ってなんて縁起の悪い始まり方!
そんな雰囲気をスッ飛ばすべく、今回のゲストは女性ですよー♪
乙奈が個人的に前からお会いしたかった、ひきこもりAVライター兼オナニーマエストロの遠藤遊佐さんを今回お招きしましたー!パチパチパチ!
AV情報誌でのご活躍はもちろん、ウェブだと「赤裸々自慰行為宣言遠藤遊佐のオナニー平和主義!」「ひきこもりAVライター遠藤遊佐のうしろ向き人生相談」などでおみかけする遠藤さん。そのエロに対する視線や距離感とかヒジョーに共感するところ多し!
あと私もお肉とお酒大好き!それはともかく「女性から見たAV」を聞くにはもってこいの人ですよね~。 まずは「なぜAVライターになったのか?」からお聞きしました!
~赤羽の居酒屋で酎ハイと鯉のあらいをいただきながら~
乙奈(以下-オ): いやあ、この店は鯉がウリで酢味噌つけると超オイシイんですよ…。それはともかく!遠藤さん、今日はよろしくおねがいしまーす!
遠藤遊佐(以下-え): いやあ、お酒飲んでお話するだけでいいなんて、今日のお仕事は楽しいなあ!ニヒヒヒ。
オ: その分いろいろ突っ込ませていただきますので!実はこのコーナーでAVライターは二人目なんですよ。前は大坪ケムタさん。
え: はいはい知ってますよ、ケムタさん。この業界そんな人数いないから(笑)。
オ: ただ男性でAVライターとかになるのは何となくわかるんですけど、女性ってどうやってなるのかなあ、って…。
え: わたしはいま40歳なんですけど、AVの黎明期くらいから興味はあったんですよう。普通の男の人と同じで。でも自分で見るようになったのは10年くらい前かな?
オ: それはネットとか携帯で見るとか?
え: まだまだ10年前はネットで見るの大変だったのよ~。ダウンロードするのにもすんごい時間かかって…。一般的にはレンタルDVDがまだまだ主流なころね。
オ: すすすすいません!
え: いいのよ、乙奈ちゃんが知らない時代の話だもんね…よよよ。でも、レンタルがあったとはいえ女は入りづらいじゃない?だからスカパー!のエロチャンネルに入ったのがきっかけ。当時、家でつらいことがいっぱいあったから、自分にご褒美をあげようと思って加入したの。あのラブホでやってるやつね(笑)。
オ: つらいことが何かは聞かないことにします…。にしてもわざわざCSのチャンネルを!
え: しかもペイパービューとかでガンガン見るから、ニートのくせに毎月何万も払ってたなあ(笑)。やっぱりレンタルのあのコーナー(18禁コーナー)行きづらいから仕方ないの!今はネットで無料で見れるからいいけどねえ。
オ: なかなか女性にはキビシイですよねえ。
え: あとそのころ、ソフトオンデマンド(大手AVメーカー)が雑誌とかで有名になってきて、「女子もAV見ていいんだよ」「いかがわしいもんじゃないんだよ」みたいな空気あったんだよね。最近も女性に人気のイケメンAV男優みたいなのあるけど、そういうのとはまた違う感じの。それでAVについて語るテキストサイトみたいなの作って、それから業界の人と知り合っていろいろ書かせてもらうようになったんだよねー。
オ: ネットつながりで! そんなきっかけもあるんですねえ。
え: 自分でいうのもなんですが、ネット発のライターのさきがけなんじゃないかな。ぬふふふ!
'アダルトなお仕事の本音'を動画でチェック! 女優さんたちのリアルな声を一挙公開!
Page Topへ